科学研究費
公開日:2016.04.28
科研費(補助金)「調整金」を利用した次年度使用について(6/17まで)
日本学術振興会より、平成28年度科学研究費補助金「調整金」を利用した次年度使用の申請について案内がありましたので
お知らせいたします。
補助金のみが対象(一部基金、基金は対象外)です。

●調整金「次年度使用」について
科研費未使用額を次年度に持ち越して使用する場合には「繰越制度」を利用することが前提ですが、繰越制度の対象とならない場合にあって、当該未使用額を次年度に使用することで、より研究が進展すると見込まれる場合は、所定の手続きを経ることで、次年度に持ち越しての使用を可能とする制度です。

●申請要件
1.繰越制度の要件に合致せず繰越制度を利用できない場合
2.繰越申請期限を過ぎた後に繰越事由が発生した場合

●申請できる金額の範囲
未使用額5万円以上、1万円単位(1万円未満切り捨て)で未使用額全額の範囲内
※平成27年度実績報告書に「未使用額」として計上し、額確定後、国庫に返納する必要があります。

●申請手続
科研費電子申請システムで以下の提出書類を作成し、紙媒体でご提出ください。

・交付請求書(様式A-4-1)

・次年度使用申請書兼変更交付申請書(様式C-3-2)

・繰越要件等事前確認票(様式C-3-2別紙1) ※ワードデータで作成

※別紙1は金額の内訳及び繰越要件への合致を確認するためのものです。
 繰越要件すべてに該当する場合は次年度使用申請できません。



●提出期限
平成28年6月17日(金)17時まで


研究振興課 科研費担当:kyoudo@adb.fukushima-u.ac.jp へ、ご一報のうえ提出してください。


●留意事項
・次年度使用が認められた場合、次年度使用分の研究費が使用可能となるのは変更交付決定日(8月頃)以降になります。
・次年度使用による研究期間の延長はできないため、研究期間最終年度の研究費の次年度使用は認められません。
・次年度使用は、前年度に行う予定であった内容も、次年度の事業として行うこととなりますので、
 年度をまたぐ物品の発注・契約・納品等はできません。


(問合せ)研究振興課:kyoudo@adb.fukushima-u.ac.jp


平成26年度 科学研究費助成事業に係る繰越要件等事前確認票.doc
平成27年度 科学研究費助成事業(科学研究費補助金) 次年度使用申請書兼変更交付申請書.pdf
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金) 交付請求書.pdf
繰越事由一覧.pdf