文学・芸術学系

文学・美術・音楽の近代化の研究、東アジアの文化と教育の比較的研究、まちづくりと芸術プロジェクトの連携の研究を進め、地域還元する。


学系長挨拶

文学・芸術学系は、文学(言語学)、音楽、美術を専門とする教員から構成されています。構成メンバー個人がそれぞれの領域での文学、芸術の研究活動を行いつつ、相互に文学・美術・音楽の近代化の研究、東アジアの文化と教育の比較論的研究、まちづくりと芸術プロジェクトの連携の研究などを中心に地域還元することを目標に推進しております。視覚と聴覚、言語の関係を相互に捉えつつ、領域を超えた共同研究として平成22年には「美・文・音」も出版しました。

文学・芸術学系長  井實 充史



研究紹介

文学・美術・音楽の近代化の研究
東アジアの文化と教育の比較論的研究
まちづくりと芸術プロジェクトの連携の研究
新学域(スポーツ・芸術・創造専攻の中の「芸術創造」)における人材育成カリキュラムの研究


研究成果

文学・芸術学系では、「教科内容学」に関する研究会を開催して、学際的研究を共同で行う一方、「芸術創造」における人材育成カリキュラムの研究の具体的成果として、また、地域に還元し得る新たなニーズとシーズを生み出し得る方法として、冊子「美・文・音」として出版するという活動を行った。こうして作成された資料が大学と地域、教育現場を結びつける有効なメディアとして利用されることが期待される。


中期目標

文学・芸術学系では、学生教育の更なる進展及び公開講座、作品発表、演奏会など研究成果の公開活動を通した地域貢献をも視野に入れながら、言語文化、美術、音楽に関する学際的研究を推進する。


中期計画

文学・芸術学系では、共同であるいは各領域中心に文学・美術・音楽における近代化の研究、東アジアの文化と教育についての比較論的研究、まちづくりと芸術プロジェクトの連携を図る研究を進め、成果を地域還元する。また、新学域(スポーツ・芸術・創造専攻の中の「芸術創造」)における人材育成カリキュラムの研究を行う。

氏名 研究分野
新井 浩 彫刻
井實 充史 古代日本文学
今尾 滋 声楽・オペラ
加藤 奈保子 西洋美術史/美学
金谷 昌治 器楽演奏/アンサンブル
佐藤 佐敏 国語科教育学/学習指導論
澁澤 尚 漢文学/本草学/漢字学
杉田 政夫 音楽科教育
高橋 由貴 日本近代文学/比較文学
中川 祐治 日本語学/日本語教育
中畑 淳 鍵盤楽器演奏法/作品研究
半沢 康 日本語学
三浦 浩喜 美術教育学
横島 浩 作曲/楽曲分析研究
渡邊 晃一 絵画/現代美術
内藤 良行
片野 一 工芸
嶋 英治 音楽科教育学
高橋 正人 国語科教育学/近代文学研究