法律・政治学系

地域行政組織や社会的諸集団が直面する再編と改革の課題や新たな地域での役割と在り様に関して、地域研究団体と協力して総合的研究を行う。


学系長挨拶

法律・政治学系では、2011年3月11日の東日本大震災後の日本、東北、福島の直面する諸課題について、法学、行政学、政治学の観点から多角的にアプローチします。具体的には、「震災後に発生した法律問題の現状と課題」、「震災後の東北地方における法学教育のあり方」、「被災地域のガバナンスとコミュニティの再建」等のテーマを中心に研究活動に取り組んでいます。

法律・政治学系長  山﨑 暁彦



研究紹介

平成21年度のプロジェクト研究のテーマ
政治行政グループ:小泉構造改革後の地方自治体の政治行政改革。
法律グループ:地域における法学教育の現状に関するフィールドワーク。


研究成果

法学グループでは、研究成果を調査報告「司法制度改革と高等教育機関における法学教育のあり方(その1)」『行政社会論集』22巻3号、2010年、にまとめた。
政治行政グループでは、「ガバナンスとコミュニティ」に関する調査をさらに実施し、その研究成果の一部を「革新市政発展前史(4の1,2)」『行政社会論集』22巻3?4号、2010年、にまとめた。


中期目標

法律・政治学系では、地域社会の抱える諸問題の解決と地域の望ましい発展に資するために、歴史的経緯を踏まえ、政治、行政、法律分野における地域比較研究の充実を図る。


中期計画

法律・政治学系では、地域の行政組織や社会的諸集団が直面する再編と改革の課題や新たな地域での役割と在り様に関して、他学系や地域の研究団体と協力しながら総合的な研究を行う。


氏名 研究分野
荒木田 岳 地方制度史/地方行政論
上床 悠 行政法・公法学
垣見 隆禎 行政法/地方自治法
金井 光生 憲法/法哲学
金 炳学 民事手続法
功刀 俊洋 日本政治史/地方政治論
黒崎 輝 国際政治学/国際関係史
阪本 尚文 憲法史
塩谷 弘康 法社会学/民法
清水 晶紀 行政法学/環境法学
鈴木 めぐみ 国際法/国際組織法
大黒 太郎 政治過程論/現代ドイツ政治/比較政治学
高橋 有紀 刑事法/刑事政策/司法福祉
富田 哲 民法学
中川 伸二 現代政治論/政治学
中里 真 民法(特に契約法)/消費者法
西田 奈保子 行政学/都市行政論/都市・地域政策
長谷川 珠子 労働法/社会保障法
福島 雄一 商法
山﨑 暁彦 民法
新村 繁文 刑事法/権利擁護制度論
吉高神 明 国際公共政策